SEARCH THIS BLOG
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED OS X APP

Desktop Calendar Plus
App

Textastic
App

Tap Forms Organizer 5 + Secure Database
App

OmniFocus 2
App

RECOMMENDED iPad APP

GitMongo
App


RECOMMENDED UNIVERSAL APP

Textastic Code Editor 6
App

OmniFocus 2
App

iTeleport VNC AND RDP
App


Tap Forms Organizer 5 + Secure Database
App

LINKS

ローカライズ追加したらプロジェクトが変になったよ

Xcodeでプロジェクトを進めていくと、ローカライズ予定になかった言語や、あたらしいxibファイルをローカライズしたりすると思います。
そして言語別のフォルダの名所が新しくなる問題に昨日遭遇しました。
今までは、”English.lproj”, “Japanese.lproj”, “Italian.lproj” に纏められてましたが、人様の目に触れないローカライズしていなかったxibのローカライズをした際に、新しく “en.lproj”, “ja.lproj”, “it.lproj” が作成され、新しい方が優先されて今まで読んでいた古い方は読み込まれなくなりました。

名所が新しくなったのなら自動で修正してくれるかなぁと、微かな期待を胸にクリーン&ビルドしても変わらず(‘A`)手動修正する事に。
バージョン管理もしているので慎重に。

僕はSubversionでバージョン管理しているので、以下Subversionでの方法になります。
バージョン管理していない人は所々すっとばして下さい。

まずはそのままコミットして新しいlprojを追加します。
Organizerを表示し、Repositoriesタブへ移動してプロジェクトを選択します。
旧lprojを削除します。この時に “English.lproj” は削除しないで下さい。

20130618 001

ソースコントロールでアップデートせずに、新しくチェックアウトします。

Finderで、古いプロジェクトから “lproj” の中身を新しくチェックアウトした “lproj” に移動し、Xcodeでプロジェクトを開きます。

20130618 005

左のツリーでローカライズされていてOrganizerで削除したファイル類が赤文字で表示されていると思います。

20130618 006

おおもとのxib, info.plist等を選択して、ローカライズのチェックを外します。Englishは一番最後に!

20130618 002

※このチェックは入れないで下さい。

20130618 003

そして再度チェックをいれるとアラートが出るので、”Use file” を選択します。

20130618 004

これで新しいローカライズフォルダに古いファイルも追加してくれます。

後はコミット後にEnglish.lprojの中身を削除すると終わりです。
English.lproj自体を削除するとのちのちややこしい事になりそうなので、一応プロジェクトには残しておいた方がよさそうです。

参考にした記事: Why doesn’t my file move into “en.lproj” but instead into a new “English.lproj” after “Make file Localizable” in Xcode?

| Objective-C | Permalink | コメント (0) | Trackback(0) |
 
TRACKBACK
このエントリーのトラックバックURL:
http://hyslog.com/blog/2013/06/18/2218/trackback

コメントはお気軽にどうぞ



« | メイン | »